無料ブログ作成サービス JUGEM
万里の長城が崩壊…近年の補修個所で、周囲部分は大丈夫
0
     河北省張家口市内にある万里の長城・大境門(大鏡門)の西側が6日早朝、約36メートルにわたって崩壊した。崩壊したのは1995年から96年にかけて保護のための補修工事を行った場所。それ以外の場所は、問題が出ていないように見える。中国新聞社などが報じた。(写真は「CNSPHOTO」提供)

     万里の長城は大境門の西側数十メートルのところから、山の稜線上に建設された部分になる。崩れたのは、大境門の西側で、山との間にある平地部分の約36メートル。張家口市は1981年に同部分の補修工事に着手した。

     1995年4月には、外側のれんがを新しいものに取り替える作業に着手。補修工事は96年に完了した。同工事の完成で、長城の大境門部分は「歴史的な雄姿を回復した」などと紹介された。

     長城が崩壊した現場近くは広場になっている。住民の1人によると6日朝、いつものように大勢の人と広場で運動をしていたが、門の西側の長城外壁が突然、「ドーン」という音とともに内部から押し破られるように崩れ、れんがや土、各種の瓦礫がばらばらと落ちてきたという。

     広場の整備工事が行われており、長城に近い部分には柵が設けられて立ち入り禁止になっていたので、けが人などは出なかった。

     張家口市・長城管理処の王剛処長は、長城が崩壊したのは95−96年に補修工事を行った場所と認めた。雨の日が続き、内部の土に水が浸透した。湿って膨張し、しかも柔らかくなったために外側のれんがを押し破って崩壊したとみられるという。
    (編集担当:如月隼人)

    | 872-news | 海外 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    【ロンドン五輪】『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のタトゥーを入れた陸上選手が銅メダルに輝く
    0
       俊足のキャラクターといえば、青い音速 ソニック・ザ・ヘッジホッッッグ!!!! 任天堂のスーパーマリオのライバル、セガのソニックである。

       ソニックは世界中で愛されているゲームキャラだが、ソニックが好きすぎたプエルトリコの陸上選手がソニックのタトゥーを腕に刻み試合に臨んだという。そして、男子400メートルハードルに出場。ソニック並みに俊足を発揮し、銅メダルに輝いたそうだ。

       音速のハリネズミキャラ「ソニック」のタトゥーを入れていたのはプエルトリコのハビエル・クルソン選手だ。俊足にあやかるためか、子どもの頃から好きだったのかはわからないが、とにかくソニック。彼のブログもソニック一色である。

       彼の右腕に刻まれたソニックはプエルトリコの国旗を背負っている。足もとには五輪のマーク。完全にオリンピック仕様だ。このタトゥーは2008年の北京五輪出場時に刻まれたものらしい。だが、北京での成績は14位。決勝に進むことさえできなかった。

       そしてリベンジのロンドンオリンピック! ソニックタトゥーで気合バッチリのクルソン選手は400メートルハードルで予選を勝ち進みいよいよ決勝へ!8月7日に行われた決勝でも俊足を発揮だ。

       途中までトップを走っていたクルソン選手だが、最後のハードルで抜かれてしまい、結果は3位であった。しかし、この銅メダルはプエルトリコ史上、陸上競技における初めてのメダルとなったそうだ。ソニックと共に歩んだ4年間の成果であると言えよう。

      RocketNews24 - 2012年8月7日
      | 872-news | スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      NASAの火星探査機「Curiosity」が無事着陸
      0
          米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「Curiosity」が8月6日午後2時31分ごろ(日本時間)、火星に無事に着陸し、早速写真を送ってきた。

         午後2時32分ごろ、着陸が確認されるとNASAジェット推進研究所(JPL)の管制室は喜ぶ職員で大騒ぎに。Curiosityの影が映った第1号の写真が管制室に表示されると歓声が上がった。

         CuriosityはNASAが実施する新たな火星探査ミッションで使う探査機(ローバー)の愛称。2011年11月に打ち上げられた。Curiosityは全長3メートル・重さ899キロで6輪を備え、障害物を乗り越えながら顕微鏡カメラで撮影したり、レーザーによるスペクトル分析を実施し、火星で生命の痕跡を探る。



        ITmedia - 2012年8月6日

        how do I land of mars?


        | 872-news | 科学 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        中学校プールに金魚500匹、夏祭り売れ残り?
        0
            埼玉県狭山市鵜ノ木の市立入間川中学校で6日朝、25メートルプールを囲んだ有刺鉄線が切断され、プールの中で400〜500匹の金魚が泳いでいるのを教諭らが見つけた。

           狭山署は、金魚の種類や数の多さから、夏祭りの金魚すくいの売れ残りの可能性もあるとみて、建造物侵入と器物損壊の疑いで調べている。

           同署幹部などによると、5日午前に水泳部が練習を行った際に異常はなかった。有刺鉄線は2か所切断され、プールサイドには、金魚を運ぶのに使ったとみられる袋が数枚残されていた。

           同校は、教諭や生徒が金魚を回収し、プールの水を入れ替える予定。約375トンの排水と給水に約16万円かかるという。川那子文雄校長は「生徒たちが一生懸命に管理しているプールなのに」と憤っていた。

          読売新聞 - 2012年8月7日
          | 872-news | 社会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          エボラ感染疑いの囚人が病院から脱走
          0
             ウガンダ・カガディ(CNN) ウガンダでエボラウイルスへの感染が疑われ、病院で治療を受けていた5人の囚人のうちの1人が3日夜、エボラ出血熱が発生している病院から脱走した。ウガンダの衛生当局が明らかにした。

            保健省の理事を務めるジャクソン・アムネ医師は「(脱走した囚人の)検査結果が陽性の場合は、深刻な事態となる。そこで残りの囚人4人が逃げないようにベッドに手錠でつなぐことにした」と語った。囚人たちには嘔吐(おうと)、下痢、発熱といったエボラ出血熱の症状が見られるという。

            カガディ病院にはこの5人の囚人の他に、エボラウイルスへの感染が疑われる患者が30人おり、さらに2人の患者の感染が確認されているという。感染者は今後増加すると見られ、感染を断ち、感染が疑われる患者にはなるべく他者と接触させないことが重要とカガディ病院の医師は指摘する。

            今回エボラウイルスが最初に発生したのはウガンダ西部のキバレで、同地域ではすでに53件の感染が確認されている。これまでに16人が死亡し、さらに感染が疑われる312人の患者が検査のため隔離されている。

            米国など他国へのエボラウイルスの拡散が懸念されるが、専門家は現在の大発生が米国に広がる恐れはないと見ている。

            米国でのエボラウイルスの唯一の感染例は、輸入された研究用の猿が原因だった(人間の発病はなかった)が、4年前、ウガンダを訪れた2人の旅行者が現地でマールブルグ出血熱に感染した。そのうち1人が帰国後に死亡したが、治療中に適切な感染防止措置が取られたため、他に感染者は出なかった。

            CNN - 2012年8月4日
            | 872-news | 海外 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ロンドン五輪開幕式 見知らぬ女性がインド代表団と一緒に行進
            0
              ロンドンオリンピックに謎の女性 ロンドン五輪の開会式の際、見知らぬ女性がインド代表に紛れ込み更新するという珍事が発生した。29日、新聞「タイムズ・オブ・インディア」が報じた。

               開幕式の同時中継を見ていたインドの人々は、金メダルが期待される有名な男子レスリング選手スシル・クマールさんの隣に誰も知らない女性がいるのに驚いた。外見から判断して、彼女は、インド人あるいはラテンアメリカ系と見られる。

               インド代表団は、男性は黄色のターバンに青い上着と白いズボン、女性は黄色のサリーという出で立ちだったが、見知らぬ女性は鮮やかな赤いジャケットにジーンズという姿だった。

               見知らぬ女性は、代表団がスタジアムに入る前にチームに入り込んだと見られている。インドのスポーツ選手達は、彼女を行進準備担当の係員と思っていたが、入場行進にも彼女が一緒に加わり、クマール選手の隣に立ってスタジアムに入ったので驚いた。

               インド・オリンピック委員会は、こうした出来事は、代表団員の安全を保障する上で由々しき規則違反であると捉え、第三者が容易にスタジアムに入り込み、代表団に加われるような警備体制を批判した。

              リア・ノーヴォスチ - 2012年7月29日
              | 872-news | スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              牛レバー殺菌に放射線…厚労省が研究決定
              0
                 厚生労働省は、生食用での提供を禁止した牛肝臓(レバー)について、放射線を使った殺菌方法を研究することを決めた。

                 食品への放射線照射は原則的に禁止されており、ジャガイモの発芽防止で例外的に認められているが、生レバーでも有効性が実証されれば、提供禁止の解除を検討するという。

                 研究は、国立医薬品食品衛生研究所などが実施する。研究期間は当面、年度内とし、コバルト60などの放射性物質を使ってガンマ線を生レバーに照射。腸管出血性大腸菌などが死滅しているかを確認する。生レバーそのものが変質していないかも調べる。

                 同省によると、海外では、肉などにも放射線を使って殺菌する手法があるという。


                読売新聞 - 2012年7月28日

                | 872-news | | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                「羊が1匹…」眠れない?日本語だからという理由
                0
                   「羊が1匹、羊が2匹……」と数えると早く眠れるというのは本当か。

                   広島国際大学の田中秀樹教授(精神生理学)らが大学生を使って実験したところ、腹式呼吸のほうが効果的という結果が出た。29日に横浜市で開かれる日本睡眠学会で発表する。

                   田中教授らは、眠くない状態の大学生14人を昼間に眠らせる実験を行った。それぞれの学生について、羊を数えることと、鼻から吸った空気を口から吐く腹式呼吸の2通りで実験した。

                   その結果、まどろんだ際に出る脳波が表れるまでの平均時間は、羊を数えたときは14分4秒。それに対し、腹式呼吸は9分32秒と短かった。実験を行った20分の間に3分以上継続する眠りまで至ったのは、羊を
                  数えた場合の5人に対して腹式呼吸は9人と約2倍だった。

                   田中教授は、英語なら、「シープ(羊)」という発音を繰り返せば自然に腹式呼吸になることもあるが、日本語の「ひつじ」だとそうはならないと指摘。「日本人には単調な雨音やせせらぎ、電車に揺られる音を聞く方が効果的ではないか」と話している。

                  読売新聞 - 2012年6月24日
                  | 872-news | 科学 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  南極最大の氷底湖、ロシアが到達か
                  0

                     ロシアの調査チームが、南極の分厚い氷床の表面から3768メートル下にある淡水湖の水面に「肉薄」したことが、報道により明らかになった。掘削が湖水面に達すれば、南極の氷底湖に到達した史上初の例となる。

                     

                     ノーボスチ・ロシア通信社は2月6日、調査チームのドリルが実際にボストーク湖に達したと報じた。

                     

                     しかし、テキサスA&M大学の教授(海洋学)で、これまで複数の南極調査グループを率いてきたマーロン・C・ケニカット(MahlonC.KennicuttII)氏は、公式発表が出るまで、このような報道は懐疑的な目で見るべきだと指摘している。

                     

                    「これほど目立たない形で公式発表が行われたとしたら驚きだ。また、(ロシア通信社の報道の)情報源の1つは匿名だ。だから本当のところはわからない」。

                     

                     モンタナ州立大学の生態学者ジョン・プリスク(JohnPriscu)氏も、ケニカット氏の慎重な見方に同調する。プリスク氏はナショナルジオグラフィックニュースに寄せた電子メールの中で、「掘削がボストーク湖に達したとの噂は何度も出回っているが、ロシアの研究プログラムからの公式発表が必要だ」と記している。

                     

                     1996年の発見以来、複数の調査チームが今回と同じ掘削シャフトを用い、世界最大級の淡水湖であるボストーク湖到達を目指してボーリング作業を継続してきた。調査可能な期間は限られており、今回はロシアのチームが1月初頭から掘削を行っている。

                     

                     2月6日の時点で、このチームは氷河の下にあるボストーク湖にあと5〜10メートルにまで迫ったとみられると、プリスク氏はBBCニュースの取材に対し述べている。

                     

                     南極の夏の終わりが急速に近づく中、ロシアの調査チームは今季中に目的を達成できるか、来年に持ち越しとなるか、時間との闘いを迫られている。チームが目指すのは、2500万年にわたり氷に閉じ込められてきた五大湖にも匹敵する大きさを持つ水塊の封印を解くことだ。

                     

                     仮に掘削が湖水面に達すれば、「派手な水しぶきが起きるだろう。といってもこれは、比喩的な“大成功”という意味だ」とテキサスA&M大学のケニカット氏は述べた。

                     

                    ◆氷底湖到達レースの始まり

                     

                     南極の氷床の下からはこれまで数十年の間に145以上の氷底湖が発見されているが、そのほとんどは長さ数キロだ。その中でボストーク湖は最大の大きさを持つ。

                     

                     これらの氷底湖は我々の住む地球に関して、新たな発見の機会を提供してくれる可能性がある。具体的には、気候変動の経過に関する新しい知見や、いまだ知られていない生命体の存在が明らかになるといったことが期待される。

                     

                     例えばモンタナ州立大学のプリスク氏は、これまでにも氷底湖に微生物が存在する証拠を発見している。これらの微生物は鉱物をエネルギー源としており、2007年当時、同氏はナショナルジオグラフィックニュースに対し、「岩を食べている」と説明した。

                     

                     どのような発見があるにせよ、仮にロシアの調査チームがボストーク湖に到達した場合、「この調査により南極での科学研究の様相は一変し、広大な南極の氷床の下に存在するものについて、全く新しい視点が得られるだろう」と、プリスク氏は6日に述べた。

                     

                     氷河の下に数々の水塊が発見されたことにより、20世紀初頭の南極点到達レースにも似た“氷底湖到達レース”が始まり、複数の調査チームが氷底湖の封印を最初に解くことを目指していると、ケニカット氏は語る。

                     

                     例えばイギリスでは、ボストーク湖とは別の氷底湖であるエルスワース湖について、2012〜13年にかけての南極の夏季に掘削調査を行う計画を立てている。

                     

                     ロシアの調査チームではボーリング作業による湖水の汚染を防ぐため、掘削の速度を落としている。ケニカット氏によれば、掘削作業の最後の数メートルは熱水ドリルを使うなどして、湖の環境に外部からの物質の流入がないよう留意しているという。

                     

                     ボストーク湖への到達は、「科学的問題以上の意味を帯びている。これはロシアの南極プログラムの中核をなすものだ」とケニカット氏は指摘する。「国の威信がかかっており、初到達という称号は、ロシア国民にとって非常に大きな意味を持つ」。

                     

                    NATIONAL GEOGRAPHIC - 2012年2月2日

                    | 872-news | 科学 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    海底に眠るUFO? バルト海で謎の巨大物体を発見
                    0

                       北欧のバルト海で海底に沈んだ難破船を捜索していたスウェーデンの海底探査会社が、深さ80メートルの海底で巨大な物体を発見した。その形状から未確認飛行物体(UFO)ではないかとする説まで飛び交ったが、正体は分かっていない。

                       

                       この物体は海底探査を専門とするオーシャン・エクスプローラー社が、スウェーデンとフィンランドの間の海底で発見した。それまで9日間にわたって付近一帯を探索したが何も見つからなかったため、引き上げようとして最後の音波探知をかけたところ、直径60メートルの円盤形の本体に、長さ400メートルの尾のようなものが付いた物体の画像をとらえた。さらに約200メートルほど離れた場所に、円盤形の物体がもう1つ見つかったという。

                       

                       最初はUFOを見つけたと思ったというチームリーダーのピーター・リンドバーグ氏は、「20年近くこの仕事をやっているが、こんなものは見たことがない」と話す。

                       

                       物体の正体をめぐって現地では、映画「スター・ウォーズ」に登場する宇宙船「ミレニアム・ファルコン」説や、地球の中心に通じる入口説まで飛び交った。一方、スウェーデンの海洋博物館の専門家は、音波探知機が1方向からとらえた画像だけでは、地形なのか何らかの物体なのかを判別するのは難しいと慎重な見方を示している。

                       

                       リンドバーグ氏のチームは春になってから発見場所に戻り、物体についてさらに詳しく調べる予定。海底探査はもともと沈没船に眠る金銀や財宝探しが目的だが、今回の発見についてはたとえ貴重品が見つからなくても観光資源として活用できると見込んでいる。

                       

                       

                      CNN - 2012年1月30日

                      | 872-news | 海外 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |