無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
「巨人の星」インド版、年末放映=スラム少年がクリケット選手に
0
     日本の往年の野球アニメ「巨人の星」が、現代インドに舞台を移してリメークされる。題材は同国で大人気の球技クリケットで、日印のアニメ会社の共作。インドの娯楽専門チャンネルで12月下旬から放映予定だ。
     原作は、かつての高度成長期の東京で質素な長屋に住む主人公・星飛雄馬が父・一徹の厳しい指導の下、プロ野球界で頂点を目指す内容。インド版では、最大商業都市ムンバイのスラム街に暮らす少年スーラジが多くの葛藤を経験しつつ、プロのクリケット選手として成長する姿を描く。
     一徹に当たる父親シャームはクリケットの元インド代表候補で現在は三輪タクシーの運転手という設定。ライバル選手、花形満はビクラムに名を変え、財閥系企業の御曹司として首都ニューデリーのチームに所属する。1本21分の全26話。
     制作に携わった講談社は「高度成長に沸くインドは原作と時代背景が同じ。クリケットに熱中する若者の多い同国でヒット作品にしたい」と意気込んでいる。

    時事ドットコム - 2012年9月3日
    | 872-news | 海外 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://news.872style.com/trackback/37