無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
イルカは鳴き声でタイミングを取っていることが判明
0
     長崎県佐世保市の九十九島水族館(愛称・海きらら)のイルカたちがジャンプして空中でキャッチボールをする際、鳴き声でタイミングを合わせていることが水族館と常磐大(水戸市)の共同研究でわかった。曲芸をする際にもイルカ同士がコミュニケーションを取ることを確認したのは世界初といい、イルカの高い知能がまた一つ明らかになった。水族館は今後も大学などの研究グループと「イルカの知能」の調査を続ける。

     「海きらら」で一番人気のイルカショーで、最大の見せ場が「ジャンピングキャッチボール」だ。ハンドウイルカのナミとニーハ(いずれも雌、7歳)が同時にジャンプし、ナミが空中でくわえたボールを投げ、ニーハが口で受け止める。まばたきするほどの間の早技だ。「ナイスキャッチ!」。客席から歓声が上がった。

     水族館のイルカトレーナー、駒場昌幸さん(43)と知人の中原史生・常磐大教授が昨年度から、イルカプールに水中マイクとビデオを設置し、音と動きの関連を調査。ナミがボールを投げる際に「ピュイ」という鳴き声を出した場合のキャッチボール成功率は、鳴かなかった場合の約3倍だったことが分かったという。

    毎日 jp - 2012年8月14日
    | 872-news | 動物 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://news.872style.com/trackback/31